【どこの治療院に行っても治らなかったあなたへ】平野区や東住吉区で整骨院をお探しならニコニコ喜連西整骨院へ

〒547-0026 大阪市平野区喜連西1-1-8プランドール1階

受付時間

午前:9:00~12:00
午後:15:00~19:00

土曜日

午前:9:00~12:30
午後のみ要予約

06-6705-2272

休診日

日曜日・祝祭日・水曜午後

院長症例紹介

捻挫

捻挫とは、

関節に無理な力がかかり関節が耐えられる以上の負担が加わったときに起きる外傷のことです。

また、どこの関節でも損傷する可能性はありますが、捻挫しやすい関節としにくい関節があります。それに伴い関節周囲の靭帯や軟部組織を傷つけることもあります。骨折を伴うケースもあり慎重に経過を診る必要があり、捻挫だから、といって自分で処置をしる人もいますが、医療機関を受診する事をお奨めします。

捻挫の症状について

1.腫脹

捻挫は関節を包む靭帯を損傷し、その内側の滑膜層に炎症が起こるため腫れてきます。この腫れは滑膜層より分泌される液状の物質によりおこされ、この液状が関節の中に充満すると関節の可動範囲が狭くなり痛みが発生します。 

2.内出血

内出血(ないしゅっけつ)とは、体内にある血管が何らかの理由で破裂するなどして、皮下で出血してしまう現象のことを言います。内臓内で出血することによって出来る他に、人体を強く殴打した際に発生する「たんこぶ(頭出腫)」と呼ばれる現象も、この内出血によって引き起こされるのです。他にも腕や足などを強く打ちつけてしまった際も痣が出来てしまいますが、これらも同じく内出血によって出来るものです。

3.運動痛

関節を動かすことにより発生する痛みを、一般的に運動痛といいます。基本的に運動痛は階段を上り下りする時や、床に座り込む動作をする時など、日常生活の中で必要な動作をする時に痛みを感じることが多いのです。 捻挫の場合ですと、本来の機能を失った関節は、関節を動かそうとする際にじくじくと痛みが引き起こされます。特に捻挫を生じた際と同じ方向に向けて捻じったり、手などで押したりすると、激しい痛みが起きます。

4.圧痛

手で体の表面を圧迫する事で生じる痛みの事です。炎症のある付近は神経が過敏になるので、少し押さえるだけでも痛みを感じます。捻挫してしまった部位を圧迫することで痛みが出ます

捻挫の対処方法について

挫や突き指などといった疾患においては、患部に腫脹(腫れる)が出来るのが普通です。これら疾患の応急処置に対しては「RICE法」という方法で対処するのが最も有効であるとされています。

「R」は「REST」、休息・休憩を意味します。「I」は「ICE」で患部を冷却。 「C」は「COMPESSION」、患部を圧迫すること。「E」は「ELEVATION」で、高く上げるという意味の単語です。これら英単語の頭文字を一つずつ組み合わせて「RICE法」と呼びます。この方法は捻挫などの応急処置には非常に有効な手段ですので、覚えておくと大変便利です。

1.REST(安静)

捻挫をしたら、その場所からあまり動かさないでください。無理に捻挫箇所を使用して動こうとすると、後遺症が残ってしまう場合もあるためです。

2.ICE(冷却)

患部を冷たいもので直接冷やします。目一杯に氷を入れた袋が一番良いのですが、用意できなかった場合はバケツに冷水を入れるか、もしくはコールドスプレーを使用するのが良いでしょう。この際、少なくとも15分間、出来れば30分は冷やし続けてください。あまりにも冷たすぎて患者が辛いという場合は、タオルを間に置いて程よいくらいに和らげれば良いと思われます。

3.COMPESSION(圧迫)

捻挫した箇所を強めに包帯などで巻きつけ、ICEの冷やし続ける行為も継続させます。包帯で強く巻きつけた際に指先が痺れ、同時に蒼白となってしまっている場合は強く締め付けすぎである証拠ですので、それよりは緩めた方が良いです。

4.ELEVATION(高く上げる)

内出血を防ぐため、患部を心臓より高い位置に起きます。捻挫してから一日中は、この状態を継続するのが効果的でしょう。足関節捻挫の場合はクッションなどで患部を心臓より高く上げて座り(もしくは横になり)、手関節捻挫なら出来る限り意識して心臓より高い位置に手を置くようにしましょう。

捻挫は誰にでも起こる可能性があり、またいつ起こるのか予測するのは困難です。応急処置法を覚えておき、唐突な捻挫にも対応できるようにしましょう。

その他のメニュー

お問合せはこちら

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご予約はこちら

06-6705-2272

【受付時間】
午前:9:00~12:30/午後:15:00~19:30
土曜日は14:00~(要予約)
※休診:日曜日・祝祭日・水曜午後

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

06-6705-2272

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

代表者名

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒547-0026
大阪市平野区喜連西1-1-8

診療日・受付時間

診療日
 
午前×
午後××
受付時間

午前:9:00~12:30
午後:15:00~19:30
土曜日は14:00~(要予約)

休診

日曜日・祝祭日・水曜午後