【どこの治療院に行っても治らなかったあなたへ】平野区や東住吉区で整骨院をお探しならニコニコ喜連西整骨院へ

〒547-0026 大阪市平野区喜連西1-1-8プランドール1階

受付時間

午前:9:00~12:30
午後:15:00~19:30

土曜日

午前:9:00~12:30
午後のみ要予約

06-6705-2272

休診日

日曜日・祝祭日・水曜午後

院長症例紹介

坐骨神経痛

何らかの原因で坐骨神経が圧迫されて腰やおしりから太ももの裏にかけてでる神経痛の総称です。症状が深刻になると足の痺れが足の指まで現れることもあります。

坐骨神経痛の特徴は

①激痛もあるが鈍痛が多い。

②我慢できないいたみではないことが多い。

③限られた動作時に症状が現れる。

④いつも不快な感覚がある。

⑤天候などにも影響される。

このような症状のため、油断して専門医への受診を遅らすことになり、悪化する場合もあります。

坐骨神経痛はなぜおこる

最近わかってきたことですが、骨盤や股関節のゆがみが原因になることがあります。もちろん筋肉や骨が衰えてくることもあります。ゆがみがあるとおしりや腰椎付近の筋肉が緊張し片方ばかりに負担がかかり、その結果さらに緊張状態となり腰椎から出ている坐骨神経を圧迫し、痺れや痛みが現れてしまいます。日常生活では常に腰に負担がかかっています。いつ誰が坐骨神経痛を発症してもおかしくないのです。

では、直接的な原因といえば

年齢にもよりますが、ぎっくり腰から慢性化した腰痛が比較的多いと思います。

あとは変形性腰椎症や脊柱官狭窄症など腰椎が加齢により変形し、神経を圧迫する事です。

また最近多いのが、椎間板ヘルニアによる、坐骨神経痛です。飛び出した椎間板が神経の束を圧迫ししびれがきている状態です。飛び出した椎間板が神経の束を圧迫し、その結果、圧迫された神経に反射(反応)している部分から痺れがきている症状です。

もう一つの原因が太ももを外側に向けさせる働きのある筋肉(梨状筋)です。この筋肉が過度の緊張状態になるとこの筋肉の下を通る坐骨神経を圧迫して症状がでます。

 

坐骨神経痛の症状

坐骨神経の症状は

1.腰やおしりの痛みや太ももから足の裏への痺れ

2.特定の動作での痺れ感

3.痛みや痺れで歩きずらく足に力が入りにくい

4.左右の筋力の差

人により様々な症状が現れてきます。

坐骨神経痛かな?・・・と思う症状は

1.おしりや、足にかけて激しい痛みが過去にあった。

2.朝起きたときや動かしはじめに痛みが出る。

3.冷え性、または便秘に苦しんでいる。

4.長時間痛みが続いたり、立っていたり座っていると腰が痛くなる。

5.重いものを持ち上げると、腰ではなくお尻が痛くなる。

6.咳やくしゃみをすると、背中から腰に激しい痛みがでることがある。

7.長時間、歩くと痛みが出てくる。

色々な症状が出ますが、下半身に痛みや痺れ違和感があるのは一致しているようです。

 

坐骨神経痛の対処法

まず、安静にする事です。痛いかな?というような痛みを確かめる動作はしないでください。つぎに腰の固定をおこない動きを制限します。

徐々に回復してきたら、簡単なリハビリを行うことをお勧めします。専門家の診察を受けることが大切です。

当院でももちろん坐骨神経痛の治療を行っております。症状にあわせて腰痛ベルト.体操.ストレッチ.筋肉強化.姿勢.動作など適切なアドバイスをおこないます。

是非、ご相談してください。お待ちしております。

その他のメニュー

お問合せはこちら

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご予約はこちら

06-6705-2272

【受付時間】
午前:9:00~12:30/午後:15:00~19:30
土曜日は14:00~(要予約)
※休診:日曜日・祝祭日・水曜午後

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

06-6705-2272

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

代表者名

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒547-0026
大阪市平野区喜連西1-1-8

診療日・受付時間

診療日
 
午前×
午後××
受付時間

午前:9:00~12:30
午後:15:00~19:30
土曜日は14:00~(要予約)

休診

日曜日・祝祭日・水曜午後